無洗米とは

無洗米とは、ヌカを取り除き、水を加えて炊くだけで食べられるように加工した「洗わなくていいお米」のことです。注目の無洗米について詳しくご紹介します。

無洗米のおすすめポイント

低コスト

洗米がないため、炊飯1回につき水の量が通常の20分の1ですみます。

手早い

袋から出し、水を入れて軽くまぜるだけで準備OK。

エコ!

洗わなくていいため節水にもなり、研ぎ汁で環境を汚すこともありません。

色ツヤがいい

ていねいにヌカを取り去り、表面に傷がなくなめらか。白さとツヤが違います。

おいしい無洗米をつくる安全で安心な製法「TWR加工法」

TWR加工法(テイスティ・ホワイト・ライス)は、化学処理をしない安全な方法です。お米の表面に微量の水をかけヌカ層を柔らかくし、食材でもあるタピオカを加工した熱付着材できれいに取り除きます。すると、うまみがたっぷりの無洗米が出来上がります。

TWR加工原理図

TWR加工1

微量の水分でヌカ層をやわらかくする。

TWR加工2

熱付着材でヌカ層を吸着して取り除く。

TWR加工3

うまみ層を傷つけずきれいに残す。

使用前の熱吸収剤

使用後の熱吸収剤

一般のお米

アリューロン層が傷つきうまみ成分が流出。

一般のお米

アリューロン層を傷つけないのでうまみ成分を逃しません。

ひときわ白くピッカピカ

一粒一粒ていねいにヌカを取り磨くことで表面に傷がなくなめらかで、白さとつやがあります。また、製造工程でのヒビ割れや、研ぐことによる損傷がないのでうまみ成分がいっぱいです。

栄養価が高く風味もゆたか

お米を研がなくていいため、栄養成分も風味もそのままです。また、ごはんの味にバラつきが出ることもなく、いつも安定したおいしさです。

炊飯後もおいしさ長持ち

ヌカと一緒にごはんの黄ばみや風味低下の原因となるアリューロン層を取り除いているため、炊いてから時間が経ってもおいしさと1ややかな白さを維持しています。